グラウンド † 黒's
主君のために生き、主君のために死ね。推し進み忠臣なれ騎士道。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Keep The Dream Alive
先日土曜日、あゆ達計4名で、


京都に行ってきました!


午前9時にJR名古屋駅集合だったのですが、
オレ以外が全員遅れたのは毎度の事。
あゆとヒロミ嬢が来たため、金額は渡して彼らに切符の購入を任せて、
自分は売店でビール買ってました。素晴らしきダメ人間。
早朝からビールなんていう廃人プレイをかましていると、もう一人とも合流しました。

ぶっちゃけた話、ちょい体がボロボロだったらしくて、
動かすだけで関節が痛かったりしていたので、
アルコールで痛み誤魔化さないと体動かなかったのです。体力無いなぁ。

全員揃ってから京都に出発。快速特急で片道2時間。
不眠症のせいで眠かったので、軽く寝たりしましたが。
窓から覗く景色も秋を感じさせるものでした。




京都についてからまずは昼食を取りに。
名物らしい「京風ねぎ焼き」を食べてみました。堪能。
いや、ね、ネキ焼きなんていうシンプルさがネギ好きにはたまらないのですわ。
こりゃ本場大阪のネギ焼きが楽しみです。

昼食後は地下鉄を乗り継いで、「青蓮院門跡」に行ってみました。
目の前に広がるのはテレビや雑誌でしか見た事がないような、
紅葉に彩られた幻想的な風景。
二の句が告げないといいいますか、まさに言葉を奪われる光景でした。
全員歩いている間は口数減ったし。

あっちこっちで写真を撮ってる観光客がいたものの、
こういう場所で写真撮影って何か無粋な気がします。
頭と心に叩き込んだ方が、思い出は色褪せず輝くとオレは思うので。

紅葉の庭景色と寺院内を堪能してからは清水寺を目指しました。
バスに乗ったのはいいものの、ごっつい渋滞ぶり。
もはや歩いたほうが早い気がしないでもない速度です。でも道分かんない。
ある程度、清水寺に近づいてからバスを降りると、なんとまぁ丁度良く五重塔があるではありませんか。
これは予定外だったので儲けですね。

清水寺では紅葉の時期になるとライトアップをするらしくて、
人ごみがハンパじゃなかったです。
オレ一人だったら確実にストレス溜まって途中で帰っていたでしょうね。

清水寺に入ると、こちらは夜景は見えるわ、夜のライトアップの効果があるわで、
とんでもなく綺麗な風景。心が洗われますね。
あっちこっちでパシャパシャカメラの音。無粋。
惜しむべきは今年の気候のために、まだ紅葉が咲ききっていなかった事。
しかし来週にはもう散り始めるだろうし、仕方ないのですが。
それにしてもあゆよ、八つ橋シューは存外に微妙だったぞ

人ごみのために清水では時間がかかってしまい、
帰るのが夜8時の予定だったのが遅れて夜9時となってしまいました。
一人が10時までには名古屋に帰りたいと言っていたのと、
オレもバイトの予定が今一ハッキリしないので、早めに帰っておきたかったのもあり、
新幹線で帰路に着きました。

一人は旅どころか愛知県から中々出たことがないそうで、
知らなかった世界を見るのを楽しんでくれていました。
連れて行った甲斐がありますね~。
あの幸せそうな顔を見るためなら5万くらい安いもんです。

楽しい時がずっと続けばいいのに…、と言う人がいます。
でもオレはそれは違うと思う。
楽しい時は短いからこそ思い出になって輝いて、糧になるのです。
辛い時に楽しかった事を思い出して、笑いながら進むのではないかと。
また、4人で旅行したいですね。





カニのライター。


かつて佐藤ひろ美様が、Feelのスタッフと北海道旅行した際のお土産。
神の計らいで恐れ多くもオレがそれをいただく事になりました。
オレがタバコを吸い始めて、タバコを辞めてはいけないと自分に枷た切っ掛けでもあります。
オレの命よりも大事な宝物です。家宝と言ったほうがいいですかね。

それをとある人に預けてきました。
理由は単純。その人がオレにとって最も大切な人だから。
もうしばらく会う事が出来ない。でもいつかまた再会したい。
だから自分の一番大切な物を預けてしまいました。
絶対返してもらわなければなりません。
それまで、頑張ろう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。